攻略

モンスターハンターワールドアイスボーン:MHW IB ガンランス基本

ガンランス 基本情報

ここではモンスターハンターワールドアイスボーンのガンランスについて、基本的な情報(操作方法、砲撃種類、有効なスキル)を記載しております。
これからガンランスを始めたいと思っている方や、使わないまでも興味のある方向けの基礎の基礎となりますので、ガンサーの方にはいまさらな情報かと思いますが、一読いただけると幸いです。

ガンランスとは?

ガンランスはその名の通りガン(砲撃)とランス(斬撃)が一体となった武器です。おまけに盾までついているため、攻防一体の立ち回りや、多彩な攻撃ができるのが特徴で、最大の特徴である砲撃は、モンスターの肉質を無視した固定ダメージを与えられる素晴らしい性能となっています。
尻尾の切断のみならず、砲撃により硬い部位の破壊までできるため、他の武器とのすみ分けもでき、更に鉄壁のガードで敵の攻撃もものともしない壊れっぷり・・・。
しかし、そんな素敵武器にも関わらず、武器使用率はワースト3位に入るのが現状で、実際、野良マルチでもあまり使っている方に出会わない状態です。

ガンランスの操作方法

ここではガンランスの基本的な操作方法と各動作の簡単な特徴を記載します。

●通常攻撃

・水平突き:△ボタン
基本となる攻撃で連続で3回までだせる。攻撃のたびに少し前進する。

・踏み込み突き上げ:左スティック+△ボタン
大きく踏み込んで突き上げる。距離を詰めたいときに使用。スキが大きい。

・斬り上げ:△+○ボタン
その場で斬り上げる。高い部位への攻撃や空中の敵への攻撃に使える。

・叩きつけ:斬り上げ⇒△ボタン、クイックリロード⇒△+○ボタン
高位力に加え、心眼とスーパーアーマーが付与される。

・なぎ払い:叩きつけ⇒△ボタン
高位力に加え、心眼とスーパーアーマーが付与される。

・ガード突き:R1+△ボタン
ななめ上方を突く。スキが小さく使いやすい。

・ジャンプ突き:ジャンプ状態で△ボタン
攻撃後のスキが大きいが、モンスターに乗りやすい。

・ジャンプ叩きつけ:ジャンプ状態でR1ボタン
叩きつけに加えてリロード効果がある。

・ジャンプ斬り上げ:滑走状態で△ボタン
そのまま他のジャンプ攻撃に移行できる。

●砲撃

・砲撃:○ボタン
砲撃の基本。各攻撃から派生でき、直前の攻撃位置によって砲撃角度が変わる。
水平突きの場合は前方、ガード突きの場合はななめ上方など。

・溜め砲撃:水平突きなど砲撃に派生できる攻撃⇒○ボタン長押し
少し溜めた後で威力の大きい砲撃を放つ。溜め中に左スティックで砲撃角度を変更できる。
砲撃を溜めるため、スキが大きくなるが、溜め時間はスキル「集中」で短縮可能。

・フルバースト:叩きつけ⇒○ボタン
銃身の弾を一度に放つ。発射後少しノックバックするため、スキが生じる。

・竜杭砲:なぎ払い⇒△ボタン or 砲撃2回⇒○ボタン
銃身の杭を突きさす。連続ダメージが発生、最後の爆発のみ砲撃あつかい。
使った後は通常のリロードもしくはクラッチ攻撃をしなければ再度使えない。

・起爆竜杭:起爆竜杭装填後、なぎ払い⇒△ボタン or 砲撃2回⇒○ボタン
竜杭砲のかわりに砲撃に反応する起爆竜杭を突きさす。砲撃に反応し追加ダメージを与える。使うスリンガー弾の種類によって効果時間が変わり、スキル「スリンガー装填数UP」で効果時間を延長できる。
石ころ、ツブテの実:約2分
貫通弾、着撃弾、爆発弾:約5分
それ以外:約3分

・竜撃砲:ガード⇒△+○ボタン
ガンランス最大の攻撃であり代名詞。大タル爆弾Gほどの固定ダメージを与える。
しかし、砲撃後大きくノックバックするためスキが大きく、砲撃前にも溜め時間が発生するため使用する状況の見極めが必要。また、見方も吹き飛ばしてしまうため混戦時の使用は控えよう。
また、使用後は冷却時間が発生し、連続では使えない。この冷却時間はスキル「砲術」で短縮可能。

●ガード

・ガード:R1ボタン
ランスと同性能のガード。モンスターの攻撃の威力によってはガードしてもノックバックやダメージが発生し、スキル「ガード強化」がないとガードできない攻撃もある。

●リロード

・リロード:ガード⇒○ボタン
通常の弾に加えて竜杭砲も装填できる。ややスキが大きい。

・クイックリロード:攻撃後、R1+○ボタン
これが使えてやっとガンランスの真価を発揮できる。リロード動作のスキの小ささに加え、攻撃からただちに派生でき、そのまま攻撃につなぐこともできる。
欠点は竜杭砲が装填されないこと。

●クラッチ攻撃

・クラッチ攻撃:クラッチクロー⇒△ボタン
ガンランスを突きさし砲撃を加える。攻撃前に通常リロードの効果が発動するため、残弾0の状態でも最大数まで弾が装てんされるが、クラッチ攻撃で1発使うため、攻撃後は残弾が1発減った状態となる。
傷つけるには2回攻撃が必要。

砲撃の種類

●通常型
初期装填数5発。攻撃範囲がせまく威力も低いが、フルバーストのダメージに上方補正がかかる。
起爆竜杭⇒フルバーストでダメージを稼ぐ。

●放射型
初期装填数3発。前方に長い射程があため、多少距離があっても砲撃が当たる。溜め砲撃のダメージに上方補正がかかる。
起爆竜杭⇒溜め砲撃でダメージを稼ぐ。

●拡散型
初期装填数2発。攻撃範囲が広く1発の威力も高い。竜撃砲のダメージに上方補正がかかる。
コンボに通常砲撃を組み入れダメージを稼ぐ。

スキル

個人的におすすめのスキルを紹介します。優先順位が高い順に◎、○、△で評価しています。これらのスキルを採用したおすすめ装備は別記事で紹介します。

・砲術:優先度◎
ガンランスの特徴を最大限に活かすなら必須スキルです。砲撃をおり混ぜるスタイルなら、あるとないとでは討伐時間が大分変ります。

・熔山龍の真髄:優先度◎
砲術レベル5が解放される必須スキルです。デメリットは防具3枠がEXゾラマグナとなり、他のスキル構成が限定されがちとなることです。

・ガード性能:優先度○
鈍重なガンランスではモンスターの攻撃をよけるのではなく、ガードでしのぐ機会が多くなると思いますので、基本ガード性能5まで発動させておいた方がよいです。
ただし、スキル「回避距離」を採用してステップで攻撃をかわす、スタイリッシュな狩猟もできますので、その場合はなくても問題ありません。

・ガード強化:優先度○
これは上記ガード性能と同じです。あればガードできる攻撃が増え、ピンチをチャンスに変える機会ができますので、余裕があればつけておいて損はありません。

・剛刃研磨:優先度○
斬れ味が減りやすいガンランスでは、武器を研ぐ機会が増え、その分攻撃の手数が減りやすくなりますので、このスキルは相性がよいです。

・回避距離:優先度△
ガード主体の立ち回りであれば、スキル「ガード性能」でよいです。ステップの距離がのび、モンスターの攻撃をよけやすくなるため、慣れればこちらの方が立ち回りやすくなるかもしれません。

 

-攻略

Copyright© ゲームのおはなし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.